Tokyo, June 1, 2007

Cabinet Meeting Decision

BECOMING A LEADING ENVIRONMENTAL NATION

IN THE 21ST CENTURY:

JAPAN’S STRATEGY FOR A SUSTAINABLE SOCIETY

(Tentative Translation)

I. State of the Global Environment and Key Challenges

II. Becoming a Leading Environmental Nation for a Better World

III. Eight Strategies to Be Implemented as Priorities in the Next One to Two Years

kadomoregion.html
KADAMOkadomoregion.html

region

Environment  Art  Charity

The economic activities of the industry slow life

What is industry slow life ?

And so wonderful industry slow life.

Industrial environment life in KADAMO region.

more▷KADAMO-What_is_industly_slow_life.html
more▷KADAMO-What_is_industly_slow_life.html
more▷KADAMO-What_is_industly_slow_life_2.html
A sound environment abundant with natural blessings is the creation of the interactions, since time immemorial, among numerous habitats and natural systems on the earth. These blessings of the environment are for all generations, and thus should not be consumed solely by the present generation but should be managed in such a way as to preserve them for future generations as well. However, the environmental impacts of human activities have increased to a point that exceeds the limits that the global environment can manage, and the global ecosystem is losing its intricate balance. Furthermore, in the context of the population growth and economic development in developing countries, there is the risk that environmental impacts will increase dramatically. If this situation continues, ecosystems could be further degraded on a global scale. Various sustainable development issues that the world is facing, such as water shortages, food crises, and poverty, could become much more severe, while the sustainability of our society and the foundations for the existence of humanity could be threatened. Global environmental issues are closely intertwined with issues of human security and can be called the most difficult challenges facing humanity.


And so wonderful industry slow life. 

However, style of slow life is various. Weekend slow life, early retirement, self-life, a retirement age company found...  There is it innumerably.  I think that there are various opportunities, but want to live with different styles as well as it so far. I run to a dream and the ideal that I imagined at time of the young man at time of the child. And I want to do some useful way of life for somebody in simply. I think that there is a like this target. The style to aim at is various, but it wants to do wonderful way of life that there is in the basic. Please value a feeling of this beginning. Because I do not end slow life in "a dream", I will push forward preparations steadily well. 
 What kind of style do take  on you? Please think about important life in the future slowly and carefully.

KADAMO DOCTRINE

State of the Global Environment and Key Challenges

Declaration of Miniature earth city

循環型モノづくり

再生アート

循環型モノづくりと

ソーシャル・アート・アプローチ

日本経済においても、経済活動における「大きな工場」でのモノの生 産が人間に幸福をあたえる万能のものとは言えなくなってきた。「小 さな仕事場」でのモノ作りは手工業であるため効率的ではなく、金銭 的利益も少ないものである。しかし、3.11以降、現代文明社会への疑 問を抱くときに、もうひとつの価値観、もうひとつの生活様式を認め 合っていく社会、そのなかでなりたつ経済生活はどのようなものであ るかについて、真摯に考え、少しづつでも実践していく必要がある。リ・コンシャスとは主張する生き方。 日本は、天然資源に乏しく、限られた国土に人口や産業活動が集中する一方、自然環境を中心に地域や身の回りにある素材を大切にする思想が昔から存在します。いわば 「ミニチュア地球」となる持続可能な社会の生きたモデルを創造する上で絶好の条件 が整っている。 日本には、昔から 「もったいない」の文化があり、徹底したリサイクルが行われ、緑も豊かな江戸時代のまちづくりに代表される良き伝統があり、また優れた智慧と技術があります。特に、日本のGDP当たりの二酸化炭素排出量は世界の主要国の中で最も少なく、また、公共交通機関を使う割合は47%と先進国の中で抜きんでている。こうした伝統と優れた技術を活かし、環境と調和した美しい社会づくりを、「ジャパンモデル」として世界に向けて発信していきます。リ・コンシャスなものづくりの思想は決して過度な技巧に走らず、スローで不細工・不揃いでもおしゃれでアーティステック。材料を揃えようと思うよりも手元にあるものや残ったものをどう利用するか、どう再生するかを考える。(アラウンド・リソースという考え方)それはモノづくりだけにとどまらず、食や住空間、地域の活性化に至るまでそのクリエイティブは存在感抜群で強い主張があふれています。カダモ地区では、地域産業の家電をテーマに再生アートを地域の子供たちの環境やアート、そして、リペアやリサイクルなど循環型経済社会に対する実践的教育の一環として取り組んでいきます。その子供たちが得た環境・アート・メカのノウハウは、将来日本の家電エレクトロニクスの中枢を担うニューパワーとして、また、地域においてはEV(電気自動車)分野や家電のAPPLEを目指すベンチャーを生み出すインキュベーターの機能も果たしていきます。従来は労働の目的として、アートが考えられているが、リ・コンシャスではアートの目的こそ、労働であり、コモディティーにあると考える。そして、IT時代においてのリ・コンシャスなクラフトマンシップは日常をアートに生きる基礎であり、教育や啓蒙の場面では倫理的に人間が地球の自然や環境と共存していくことについてのひとつの方向を内包し、来るべき人間の活力の源泉の在りかを指し示しています。ダニエル・ピンクは『ハイ・コンセプト』の中でこれからの未来をリードするのは、何かを創造できる人である。つまり、アーチストと呼ばれる凄い人のことである。アートの存在価値は本来、大胆突飛な発想でやマニュアルやスケマティックには頼らない表現活動により、「人々の心を揺さぶり、そし て、社会を揺さぶる。」ことが社会的使命である。 今ほど、アートの果たす役割が大きく問われている時代はありません。商業デザインやマーケティング発想では決して実現できない大いなる変革を目指す。日本がアートやチャリティーの文化的後進国からその新しい公共や公益を概念とする地域コミュニティーの創出が環境・経済とともに日本が世界に向けて誇れるもうひとつのジャパンモデルとして広くアプローチしていくことが戦略的に極めて重要である。

▷EnglishKADAMO-%28E%29DOCTRINE_6artproject_2.html

リ・コンシャスのモノ5原則

◎ 手仕事の一点モノである。

◎ 所有するよろこびがある。

◎ 廃材廃品を利用している。

◎ 故障したら修理ができる。

◎ 破損したら転用ができる。 

index

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

リ・コンシャスな再生アートプロジェクトKADAMO-%28J%29DOCTRINE_5artproject.html
循環型モノづくりとソーシャル・アート・アプローチ
「カダモ」って何だろう?KADAMO-%28J%29DOCTRINE2_whats_kadomo.html
高齢者起業と循環型市場社会のアプローチKADAMO-%28J%29DOCTRINE_3support.html
ランドマークとしてのエレクトロニクス・ブランドKADAMO-%28J%29DOCTRINE4_rigion_brand.html
世界を揺さぶる一策・カダモ・ドクトリンKADAMO-%28J%29DOCTRINE1concept.html
市民・ユーザーによる企業リファレンダムKADAMO-%28J%29DOCTRINE7postmarket.html
リ・コンシャス・フローチャートKADAMO-%28J%29DOCTRINE_10chart.html
ミリオンバイミリオンプログラム(HoME)KADAMO-%28J%29DOCTRINE_8home.html
ミリオンバイミリオンプログラム(MoHE)KADAMO-%28J%29DOCTRINE_9mohe.html
《資料》工業系田舎暮らしKADAMO-%28J%29slowlife.html
《資料》21 世紀環境立国戦略KADAMO-%28J%29State_of_the_Global_Environment_and_Key_Challenges.html
ejrp.html
re-conscious.html
../re-conscious/Home%28J%29.html
re-CONSCIOUSre-conscious.html
ejrpejrp.html
MoHE project../re-conscious/Home%28J%29.html
KADAMO-KDEP-%28J%29Miniature_earth_city.html
KDEPKADAMO-KDEP-%28J%29Miniature_earth_city.html
kadomoregion.html

KADAMO region