工業系田舎暮らしの経済活動

工業系田舎暮らしの経済活動は、市場原理を踏まえつつも、従来の営利追求型企業とは異なり、社会的使命感を原動力とする起業家精神に支えられたビジネスを展開するものです。 工業系田舎暮らしでは、個人の自発的な参加とそのスタイルに共感を持てる人的つながりがベースになって成立しています。経済システム市場においても決してボリュームゾーンではなく顧客のセグメンテーションとロープライスおよびチャリーティーで構成され、このシステムは、行政による「パブリック」、民間市場による「プライベート」の領域に対して、「コモンズ」の領域と位置づけることができます。工業系田舎暮らしは、環境や社会貢献を共有化できる人々のコミュニティが基盤となって成立している。工業系田舎暮らしの特徴としては、創造性をはじめ、自主性、情報性、多様性、柔軟性などがあげられ、個人の自発的な活動に基礎を置き、自由な発想で世界に向けて発信しその結果、リージョナルにおけるコミュニティに利益を与えることで成立しています。それは決して組織ではなく環境リサイクルから社会貢献・地球貢献に向けてのREに共感し実践する個の集まり。非常にゆるやかで柔軟な構造をもったネットワーク型のものになります。自らの持続可能な生活スタイルの継続が環境・リサイクルはもちろんのこと、地域活性化をもたらし、壮大な実践的アート・アクティビティでもあります。その変革プロセスはボトムから積み上げボリュームを蓄積するというよりも、ある日突然ドラスティックに爆発変異する。工業系田舎暮らしがうまく機能するかどうかは、コミュニティーの構築やその相互の信頼性の醸成も重要ではあるが、個人の他に類をみない独創性の発揮と世界にダイレクトに発信するコミュニケーション能力にかかっています。



《参考資料》

ボランタリー経済とコミュニティビジネス

①地域の人々が日常生活において抱える問題を解決するところに事業機会、市場を求めるため、公共性と地域への貢献性が高いこと②営利的活動と非営利的活動の両要素を併せ持っていること③地域コミュニティを基盤として事業展開されること④地域コミュニティに密着しているため、サービスや商品を提供する供給サイドとサービスや商品を消費する需要サイドがともに地域住民であるというケースが多いこと⑤地域コミュニティにおける適正規模・適正利益を追求するビジネスであること⑥潜在的には高いニーズがありながら、営利追求型企業や行政などを通じた既存の供給形態では、求められているサービスや商品が供給しにくい新しい分野を対象としていること⑦地域の中に新たな需給関係を創出することにより、さまざまな地域資源の域内循環を仲介・促進することです。

 

2

工業系田舎暮らし

の経済活動

5リージョナルの実態について▷../show-tsuzimaru/industrial_environment_life5.html
▷Englishindustrial_environment_life2%28E%29.html

INDUSTRIAL ENVIRONMENT LIFE  in KADOMA

Are you ready to change the way you live ?

What is industry slow life ?